当結婚相談所の半数の会員の方は、ご紹介という形でご入会いただいています。私の知人からのご紹介やご成婚者の方からのご紹介です。私が二人の子どもの母(社会人と大学2年)ということもあり、子どもたちのママ友のお知り合いの息子さんやお嬢さまというご紹介も多いです。

こちらの女性も私のママ友のママ友のお嬢さまです。あれは昨年の夏、お母さまとご一緒に当相談所にいらっしゃいました。とても礼儀正しく自然体なお母さまとお嬢さまでしたので、お話しやご説明もスムーズでした。

==============================================

親御様からのご紹介の時には、親御さまとご本人にいくつか確認させていただいています。

・親御さまとお子さんの結婚相手への条件の確認・・・当たり前ですが親子であっても結婚相手に希望することは違います。時にお母さまの気持ちが入りすぎて、お子さまの気持ちがないがしろになってしまうケースもありますので、はじめに丁寧に確認させていただいています。結婚は家族と家族のご縁となりますので親御さまのお気持ちも大事にしながらも、「お子さまが結婚する」「お子さまの人生」ということを確認させていただいています。

お子さまご本人の結婚の意思・・・ 当結婚相談所では稀ではありますが、親御さまばかりが結婚を焦っていらして、やや無理やりお子さんをお連れいただくことがあります。親御さんの心配や期待が分かる「優しいお子さま」ほど、本音を言い出せなくて困っているケースもあるようです。そういったこともありますので、当相談所でははじめは親御さまと一緒に入会前の面談をさせていただいていますが、後日ご本人と私と二人で面談する機会を設け「本音」をうかがっています。ときに「実は好きな人がいるけれど親が許してくれなそうな相手だから言い出せないでいる」とか「いい年齢だから結婚も考えてはいるけれど、転職も考えているが親は心配するから言えない」とかご本人にも婚活に踏み切れないご事情がある場合があります。そのようなときはもちろん、ご本人の意思を優先してご本人のタイミングの良い時にお越しいただくようにしています。

・親御さまへ、お子さまが婚活を開始されたらできるだけ口出しせずにいていただきたいことをお伝えする・・ ご本人もご結婚したいというお気持ちがありご活動を開始したら、そのあとはお子さまを信じて見守っていただきたい、と親御さまにお話ししています。親御さまのご心配なお気持ちは手に取るように分かりますので、ご安心いただくために活動の途中途中で経過報告はお伝えさせていただいています(ご本人の許可をいただき)。子どもというものは、親が思う以上に親の言葉を良くも悪くも受けとめてしまうもののようです。今まで育ててきたお子さんを信じて、少し離れて見守り婚活を応援していただきたいと思っています。

===============================================

こちらのお嬢さまもこの3つのプロセスを経て婚活を開始され、親御さまも安心なとても良い男性とご成婚となりました。

ご実家暮らしでかわいらしい見た目でパッとみた感じはかなげな女性ですが、実は芯が強く精神的に自立されていて結婚の意思決定もご自身でされ、お母さまにはほとんどご相談はされなかったそうです。お母さまもどんな男性と交際しているのか、日々ヤキモキされていていたでしょうが、お嬢さまを信じて見守っていらして「このお母さまだからこのお嬢さん」なのだな、と私も納得しました(^-^)途中でお母さまには経過報告はさせていただいていましたが、やはり心配だったことでしょう。感謝申し上げます。

プロポーズをお受けして、ご両親のご挨拶も済み、さすがの彼女も「ホッとしました~~」と満面の笑みでした。ご成婚した方みなさん共通ですが、幸せな気持ちとホッとした気持ちと半々のようですね。

親御さまからのご紹介でご入会いただいた会員様は、私もご本人の喜びと親御さまの喜びと2倍の喜びがあります。

川崎・武蔵小杉の結婚相談所クキマリアージュ