少し前にご成婚されて、先月ご入籍された女性の話です。

昨年秋にご入会いただいて婚活を始められた34歳の女性がいらっしゃいました。はじめは彼女のご友人をご紹介いただき、その時一緒に面談したのですが、その時の彼女は全く結婚する気がなさそうでした。

それでもお話しをうかがうと「今のままの独身ででいいし結婚するイメージはあまりない。けれどでも親が心配しているので、自分が結婚する気があるのかないのか、自分は結婚向きなのか結婚は向かないのか自分を確認するためにも、一度婚活をしてみたい」とおっしゃられてのご入会でした。活動を開始されましたが、ご自身からはあまりお申込みもされずお見合いもポチポチと少なめでした。

ペースはとてもゆっくりで、交際される方も数回のデートでおしまいに・・・・そんな婚活が続き数ヶ月経ったある日、その時一緒に面談したご友人がご成婚になりました。

それがきっかけかどうかは分かりませんが、彼女にも急にスイッチが入ったご様子でした。面談にいらした時のお顔つきも変わっていて「久喜さん、わたし結婚します!」と決意表明のように断言されました(^-^)そして、彼女のスケジュール手帳の12月30日の欄に<久喜さんと成婚祝い>とご記入され、もちろん私も自分の手帳にも書きました。行きたいお店も決めて、二人で成婚祝いのイメージをして(^^)まだお相手もいないというのにね(笑)

するとどうでしょう、次のお見合いで出会った男性と、お見合い初日から意気投合、あれよあれよでご成婚になったのです♡

ウソみたいな本当の話です。

=======================================

思考は現実化する。

考えていることは現実になるので、言葉で発すると自分の耳に入って自分の脳にこびりつくそうで、それで現実になるということのようです。

世の中は誰かの<思い=言葉>で出来上がっています。誰かが言葉にしたことが現実になっているということで、源頼朝が鎌倉幕府を作ったのも頼朝が「鎌倉幕府を作ろう!」と言って平家を破ったから。家で犬を飼ったのもお父さんが「犬を飼おう!」と言ってペットショップに犬を買いに行ったから。

たとえば、レストランでハンバーグが食べたいからハンバーグを一生懸命イメージしながら、言葉では「カレーください」って言ったら、絶対にカレーが出てきます。

だから結婚したいから一生懸命結婚をイメージしても、「結婚できないかも」って言葉で言ったら、「結婚できない」と思うのです。誰に言うかというと<自分に言う>まずは自分に言ってくださいね。

「結婚できるかな~」と心配していたら「結婚できない自分」のイメージが脳にこびりついて、結婚する行動にならないですね。

言い方のコツとしては「結婚したい」ではなく「結婚する」と断定して発するのがいいようですよ(^-^)

==========================================

思考は現実化する、というのは本当だなとあらためて思ったご成婚ストーリーでした。思考をつくるのは自分の言葉。自分の発する言葉が自分の耳に入って思考をつくるのです。

自信もないし不安や迷いやグチもたくさんありますよね。でも言葉では「私は結婚する!」と言ってみてくださいね。

自分に呪文をかけましょう。

川崎市・武蔵小杉の結婚相談所

ーーーーーーーー
ランキング参加中!クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚紹介・結婚相談へ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ