恋愛が苦手な女性は、もしかしたら「恋愛は駆け引き」と思っていて、駆け引きが苦手だからうまくいかない、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回は、恋愛は駆け引きだと思っていて、ずっと恋愛下手だと思っていたけれど、駆け引きの必要のない、結婚相談所で安心な婚活をしたらあっという間に信頼関係で結ばれた大好きな男性とご成婚したストーリーです。

======================================

さおりさん(29歳女性・仮名です)にはじめてお目にかかったのは初夏の頃。

キャップとリュックとデニムのパンツにナチュラルメイク、髪は一つに縛っておでこもばっちり出したボーイッシュなで、でも柔らかさも感じるかわいらしい女性でした。初対面の時から礼儀正しく、ご自身の言葉で明るくお話しされるとても印象の良い女性でした。

お仕事は女性の多い職場で、男性と言えば既婚者ばかり。未婚の若い男性は地方や違う部署にいるということです。明るくて人懐っこさもあり、真面目でいらっしゃるのでお仕事もしっかりされているのでしょう、そのため同僚の女性とも仲良くやっていて、既婚の男性(おじさま)たちにはとてもかわいがられているようです。

さおりさんは、大学まで男女共学で、中学から大学卒業まで一つ年上の先輩に片思いをされていました。時々通学で一緒に帰るくらいでプライベートのデートはなかったようです。思い切ってバレンタインにチョコを渡したけれど、全く想いは伝わっていなくてほのかな初恋を約10年間。

社会人になり、3歳年上の会社の先輩に淡い恋心を持っていらしたようですが、同僚以上の関係にはなれないようでした。

最近になってアプリで5人くらいの男性とお会いしたことはあるけれど、その中のお一人にはどうやらネットワークビジネスの勧誘をされたそうで、他の方とも一、二度デートしてその後月に一回連絡があったら、返事して数カ月に一度食事して帰る、というような、とても歯がゆい交際に時間をとられていらっしゃいました。

さおりさんご自身でもこれではいけない、と思いながらどうしていいかもわからず、お仕事もお忙しくなったりすると、仕事にエネルギーかけたりして、そんなこともあり少し傷ついていらっしゃいました。

「恋愛って駆け引きですよね」

さおりさんは「恋愛は駆け引きですよね。私の友だちはみんな駆け引きがうまい子が彼氏がいるんです。私は駆け引きとか苦手だからうまくできなくて・・・男性心理もよく分からないし、自分で自分の墓穴を掘ってしまっていると思ってます」とおっしゃっていました。

一部の男女はその「駆け引き」でワクワクドキドキした恋愛(もしかしたらハラハラ?)を楽しむことができるのかもしれませんが、さおりさんのようなご性格は、「駆け引きの恋」は難しいかもしれないです。

一見、恋愛が苦手とは思えないコミュニケーション力のある普通の女性が、ひどく恋愛に苦手意識があり、普通の出会いをしてうまくいかないというケースはよくあるようです。もしかしたらそういった女性、とても多いかもしれませんね。

結婚相談所の婚活では女性の場合恋愛経験の有り無しは、成婚するしないに全く関係ありません。そして、さおりさんの最大の苦手とする「駆け引き」は結婚相談所では必要ありませんので、さおりさんの最大の魅力の「人としての魅力」で勝負していけばいいのです。

さおりさんは男性とほとんどお付き合いしたことがないので、交際経験がほとんどないことにコンプレックスがおありのようでしたが、「恋愛経験があってもなくてもご結婚には全く関係がないですよ」とお伝えさせていただきました。

さおりさんのような女性は結婚相談所の活動がとても向いている

さおりさんのような方は、駆け引き恋愛テクが必要な恋愛は不向きです。それに現実的なお相手への理想とご自身の結婚観もしっかりあり、私との連絡のやり取りもとても感じの良い女性でしたので、結婚相談所の婚活がとても向いていると思います。結婚相談所の婚活は、駆け引きや思わせぶりの恋愛テクは必要なく、(むしろそういうことをしたら不誠実と思われてしまうかも)普通に誠実にお相手とお付き合いをして、その中で「好き」な方に出会うことができます。

いつまでたってもLINEの返事が来ないとか、全然次のデートの誘いがないとか、そういったことはなく(もしそうだとしたら交際終了ですね)交際中にお相手の気持ちを先方のカウンセラーさんにうかがうことでお互いの気持ちの温度も測れるので、「駆け引き」したり「探ったり」しなくていい婚活です。

お見合い8人目の男性とクリスマスプロポーズでご成婚

さおりさんは婚活開始されて、8人目にお見合いした一つ年上の会社員男性と交際3か月でプロポーズをいただきました。活動期間は5か月。ご活動を通してさおりさんがTさんとの交際中に私に話してくださった内容をまとめてみました。

「Tさんとは本当によく話します。はじめは遠慮していたのですが、Tさんがちょっとしたことでもなんでも受け止めてくれるし、Tさんも自分のことをよく話してくれるので安心して話せるようになっていきました。ちょっとネガティブな家族のこととか、秘密のオタク趣味のこととか(笑)

ある日、何回目かのデートの待ち合わせで、時間を勘違いしていた彼が遅れてきました。LINEで遅れる旨の連絡は受けていたのであまり気にしていなかったのですが、必死に走ってくる姿と平謝りをする姿に「なんて誠実なひとなんだろう」とジワっと感じました。しかも慌ててきたからか寝ぐせもあって、かわいいなと思いました(^-^)Tさんに対しては、嫌われないように、とか私のことどう思っているんだろう、とか全然考えなくて済みました。男性に対してこんなに安心してお付き合いできたのは初めてです。

LINEのお返事もすぐ来るし、デートの日程もすぐ決まるし、何よりTさんの気持ちが分かるので安心でした。結婚相談所の婚活は、身元が保証されていて安心なのはもちろんなのですが、久喜さんが間に立ってくれて迷ったり悩んだりしたらすぐに相談にのってくれるし、久喜さんがいつも「大丈夫、そのままの気持ちを伝えておいで、話しておいで」と励ましてくれたので安心して活動できました。

以前の私は恋愛に憧れながら、好きな人にひとりよがりの自作自演のずいぶんと変な駆け引き行動をしていたのだなと、今となっては笑えますが(^^;駆け引きとか思わせぶりとかそういったことを気にせず、まっすぐに私のことを思ってくれる彼に、私も思ったことを話すことができて、こういう関係に憧れていたので今とても幸せです

===========================================

<恋愛テクは運動神経と同じ>

世の中に恋愛本や恋愛セミナー、恋愛YouTubeなど、恋愛のに関するものはあふれるほど出ていますよね。私も仲人業の立場から「恋愛テク」のようなものは暇があれば読んでいますので、どれを読んでも聞いても、なるほど!と思うものばかりです。そこに書かれている内容は、異性の心理に基づいていてとてもごもっともで勉強になります。とても勉強になるのですが、 それを実際の現場(お付き合いしている彼や出会いの場)で実践してうまくいったことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしかしたら読んでいるだけで、観ているだけでうまくいってない方も多いのではないかと思うのです。

恋愛テクは運動神経のようなもので、もともと運動神経がある人はちょっと教わっただけでうまくできるけれど、運動神経のない人はいつまでたってもうまくいかないものです・・・

私の感覚ですが、結婚相談所にいらっしゃる方の約7割の女性が恋愛に苦手意識があるように思います。ご入会される女性の中には30歳過ぎても、一度の恋愛経験のない方も多くいらっしゃいます。でも、みなさん最後は「大好きな男性」ととても素敵な恋愛結婚をされているので、ご結婚に恋愛経験は必要ないのだな、といつも思っていますし、それをとても嬉しく思います。

普通に出会って結婚まで至るには、

出会って、

距離を縮めて、

連絡を取り合う仲になり、

友だち以上恋人未満の関係から

恋人になり、

男性に結婚したいと思わせなくてはならず、

ここまでには色々な戦略や駆け引きがある・・

結婚相談所の婚活は、そういった駆け引きは必要ないのが特徴です。

<婚活は、得意なステージで勝負するのが一番の近道!

「恋愛」が苦手で、出会っても交際が続かない女性はとても多いと思います。結婚までの道のりには、出会って、連絡を取り合って、まずは友だち関係から、何となく好意を持って、告白して、さらに関係を深めて、たまにケンカをして、仲直りして、男性に結婚する気持ちまで持っていかせて・・・というのはかなりの遠い道のりです。この工程を楽しめる人はいいのでしょうが、今までの人生でまくいかなくい恋愛をしていたとしたら、このやり方を変えないと時間ばかりが過ぎてしまうでしょう。

結婚相談所の婚活は、すでに結婚する気持ちのある男女がいるので変な「駆け引き」や「思わせぶり」は必要ないですし、むしろ使ったら信用を失います。結婚生活に「駆け引き」や「思わせぶり」は全く必要ないですからね(^-^)

恋愛に苦手意識のある方は、恋愛テクに振り回されているのかも。

そんな方は結婚相談所で恋愛結婚するのが一番向いていると思いますよ。

川崎・武蔵小杉の結婚相談所クキマリアージュ