親御さんと同居の男性が避けられる理由と対処法

婚活市場には一人暮らしをされている女性が多くいらっしゃいます。

事実を申し上げると、そういった一人暮らしをされて自立した女性はお申し込みやお申し受けの際、親御さんと同居している男性をあえて避ける女性は多いものです。結婚後も仕事を続けたいと思われている女性は特にそうかもしれません。

私が当女性会員さんにご紹介するときも、「この方はお一人暮らしをされていないのでちょっと・・・・」とお見合いをためらわれることがよくあります。20代の女性はさほど気にされないのですが、女性も30歳も過ぎてくると、仕事にも一人暮らしにも慣れてきてご自身の生活に誇りを持たれているのでしょう。

逆に言うと、生活全般、洗濯掃除、食事を母親に世話になっている男性を

「幼い」

「自立していない」

「結婚したら自分が母親のようにさせられる」

そんなイメージを持たれるのだと思います。

~ごみ捨ての話で交際終了になった42歳男性の話~

ある42歳男性がついうっかり言ったひと言がきっかけで、交際終了になってしまったお話しです。

デート中ごみ捨ての話になったそうです。

「ごみ捨てしてますか?」

「もちろんしてますよ。」

「ごみの日って何曜日なんですか?」

「あーそんなことは知らないです。」

たぶんこんなやり取り・・

なんでまた、デートでごみ捨ての話をしたのかはさておき、ごみの曜日のも知らないで、ごみ捨てしてます、はないでしょう、と彼女は思ってしまったそうです。聞いたら、お母さまが玄関にまとめてくれていたゴミを、ごくたまに、ただ集積所に持っていくだけのようでした。

お相手女性は約15年ほど都内でおひとり暮らしをされていたキャリアウーマン。この会話から彼の生活感のなさと思いやりのなさを感じ取ってしまわれたのでしょう。

もう一つあります

朝ごはんの話でお見合いお断りになった40歳男性の話

当女性会員36歳大学ご卒業以来一人暮らし・お相手男性40歳親御さんと同居。

お見合いで朝ごはんの話になりました。

「朝ご飯は何を召し上がっているのですか?」

「最近はパンですね本当はご飯とみそ汁がいいんですが、パンが出てくるので仕方なくって感じです。」

こんな会話だったそうです。会話がきっかけで彼女はお見合いをお断りしました。

彼女に聞くと、「朝ごはんをお母さまが用意してくださることはいいとして、それについて感謝がみじんもなかったんです。親が食事を用意するのは当たり前だろ、って言っているように聞こえました。」ということでした。ゴミ捨ての話も朝ごはんの話も、男性からしたらごく当たり前のことで「どうしてそんなに気にするのか」と思われると思います。もしかしたらひと昔前の昭和のお見合いだったら女性も気にしない話題だったのかもしれません。

女性が嫌がる話題ベスト3

  • お見合いやデートで母親の話しばかり、しかも仲良し話⇒時々お母さまとの仲良しエピソード満載の男性がいらっしゃるようですが絶対にNGです。
  • 母親に対して感謝がない⇒お世話してくれることに、日々日々感謝して、そしてそれを決して当たり前だと思わないようにしてくださいね。
  • 家事を簡単だと思っている⇒知らない、できない、教えてください、と謙虚な気持ちで言いましょう。

そして日頃から身の回りのことは自分でやりましょう。自分の食べた食器洗い、洗濯、自室の掃除とごみ捨てくらいはね。

婚活市場で家事に関して男女対等だと感じている方は、男性全体の3分の2くらいではないかと感じています。女性からしたら、共に働くのに「手伝う」はないよね、と思っています。

少し前まであれほど流行っていたイクメンという言葉が最近は言われなくなりました。それは、イクメンが当たり前になってきたからなのでしょう。保育園の送り迎えも、パパが抱っこして、また自転車の乗せて送迎している姿は今ではもう普通です。私が子育てしていた頃(約20年前)はそうした父親はごく少数で、「お父さん偉いわね」なんて言われていました。

イクメンが当たり前の時代で共働きが当たり前の時代に、未だ一部の男性の家事育児への参加の意識が置き去りにされている感じもあります。

男性の家事の意識は、育ったご家庭の影響が大きいと感じます。お母さまがあれこれ世話を焼く専業主婦の場合、「対等」の意識を持つのは難しいかもしれません。また、父親が横のものを縦にもしない亭主関白の場合、父親を反面教師として家事の対等の価値観がある場合もあります。

いずれにしてもご結婚後も共働きの場合、結婚生活で家事育児の参加は「手伝う」ではなく「必須」ですので、家事育児の意識のアドバイスもさせていただいています。もし、平日の家事育児参加が難しい場合、できるだけ女性の職場のそばに住むこともいいと思います。休日の過ごし方もとても大事で、協力し合う夫婦としての絆が深まる過ごし方があります。

現実的な結婚生活を二人で共通のイメージをすることで、お互いに信頼と協力ができる家庭を築く第一歩となると思っています。協力し合うことで信頼しあえ、より絆が深まっていくのが夫婦で家族ですね。

川崎・武蔵小杉の結婚相談所クキマリアージュ